top of page

お知らせ

エストロゲンと乳がん

日本人女性が罹患する悪性腫瘍の中で一番多いのが乳がんです。乳がん全体の約70-80%では、女性ホルモンであるエストロゲンが発生と発育に関与しています。エストロゲンは、主に卵巣で作られ、乳がんの発生母地である乳管上皮細胞の増殖作用だけでなく、妊娠、子宮内膜増殖、骨保護(骨粗鬆症抑制)、コレステロール代謝改善(動脈硬化抑制、心血管イベント減少)、体温調節、女性意識、皮膚を薄く保つ、いわゆる女性らしい体型形成など、全身に関係しています。乳がんの立場からすると悪ものですが、体としては必要で良いことをたくさんしています。

組織検査でエストロゲンレセプターを検索して陽性であれば、エストロゲンが発育に関与する乳がん(ホルモン感受性乳がん)ということになり、治療でエストロゲンの関与を断つためのホルモン療法の対象となります。

ちなみに、惑星にも性別があるようです。金星は英語でウィーナス Venus、一番明るく見える惑星です。惑星記号は♀です。



Comments


bottom of page