top of page

お知らせ

アロマターゼ阻害薬(Aromatase Inhibitor:AI)

人工知能(Artificial Intelligence:AI)とは別のAIのお話です。アロマターゼ阻害薬(Aromatase Inhibitor:AI)は、閉経後のホルモン感受性乳がんの治療(初期治療・転移再発治療)に用いるお薬です。

閉経後の女性では、卵巣でのエストロゲン産生はなくなりますが、副腎で作られたアンドロゲン(男性ホルモン)から脂肪組織などに存在しているアロマターゼという酵素によって少量のエストロゲンが作られています。

閉経後のホルモン感受性のある乳がんは、このエストロゲンを利用して増殖しますので、エストロゲン産生を抑えるアロマターゼ阻害薬を治療に使えるという仕組みです。初期治療では、5年〜10年と長期間使用することになります。使用できる薬剤としては、アナストロゾール(アリミデックス),レトロゾール(フェマーラ),エキセメスタン(アロマシン)があります。

副作用としては、エストロゲン量の低下により(エストロゲンの効用の裏返しとして)、ほてりや多汗など更年期症状、朝の手指のこわばりや関節痛、骨密度低下、脂質代謝異常、血栓症、血圧上昇などがあります。

また、レトロゾールはその薬効から、調節卵巣刺激・排卵誘発にも用いられます。


Comentários


bottom of page