top of page

お知らせ

二兎を追うものだけが二兎を得る

テレビをつけると、エンゼルス大谷翔平選手の活躍が連日放送されています。投手と打者の二刀流で唯一無二の存在ですが、大きな怪我・故障・手術を乗り越えての今ですから、本人の努力には敬服するしかありません。2012年、大リーグ挑戦を表明し打者か投手かで迷っていた大谷選手に対して、ドラフトで交渉権を獲得した日本ハムフロント陣と栗山英樹監督が、二刀流での育成プランを示し、「誰も歩いたことのない道を歩いて欲しい」と説得したことで、大谷選手が日本での二刀流挑戦を決断したとのことです。

二刀流については、懐疑的、批判的な意見が多い中、「打者として投手としての才能を認めてくれているとポジティブに解釈する」「できないと言われるならやってみようと」との大谷選手の思考が素晴らしいと思います。

挑戦しなければ、失敗もなければ成功もない。二兎を追うものだけが二兎を得る。インタビューの受け答えももいい。引き続き、大谷選手を応援していきます。




Comments


bottom of page